上海汽車が「神州租車」の株式を最大約190億円で取得

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

上海汽車が「神州租車」の株式を最大約190億円で取得

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国レンタカー大手「神州租車(China Auto Renting)」の公式発表によると、7月2日同社の親会社である「神州優車股份有限公司(UCAR)」とその子会社「神州優車(UCAR)」、「神州優車服務(UCAR Service)」、「優車科技(UCAR Technology)」は「上海汽車香港投資有限公司(SAIC Motor HK Investment、以下上汽香港)」からの買収申し入れに合意した。それによると上汽香港は神州優車の株主から1株当たり3.10香港ドル(約43円)で最大4億4300万株の株式を取得する。総額は最大13億7200万香港ドル(約190億円)。また、神州租車の取締役会は主要株主の「Amber Gem」から、同社の株式1億7000万株以上を1株当たり3.10香港ドルで上汽香港に売却するとの通知を受けた。総額は5億2600万香港ドル(約73億円)。 

4月2日に「瑞幸咖啡(luckin coffee)」が粉飾決算を認めてから6月10日に同社の董事長・陸正耀氏が神州租車取締役会主席を辞任すると発表するまでの1カ月半の間に、神州租車の株価は累計で50%以上下落した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録