短信

アリクラウド、新インフラ整備加速 サーバー100万台のスーパーデータセンターが3カ所で完成

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

アリババ傘下のクラウドサービス「アリクラウド(阿里雲)」は、江蘇省南通市、浙江省杭州市、内モンゴル自治区ウランチャブ市の3カ所に建設していたスーパーデータセンターが完成し、相次いで稼働が開始されたことを発表した。今後これらのデータセンターには100万台以上のサーバーが追加され、京津冀(北京、天津、河北省)、長江デルタ、グレートベイエリア(広東・香港・マカオ)の3大経済ベルトにサービスを提供し、新型インフラ建設(新基建)を加速させるとのこと。将来的にアリクラウドは中国全土にさらに10以上のデータセンターを建設し、新型インフラ建設の進展を支援していく。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録