短信

アップル、2台のiPadを繋げて1台のノートPCのように使える新特許を取得

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米アップルに関する情報を配信しているサイト「AppleInsider」で、新たな特許に関するニュースが報じられた。それによるとアップルは現在、2台のデバイス(iPadおよびiPhone)を接続し、ノートPCのように用いる方法を検討しているようだ。また、ノートPC式の接続方法だけではなく本のように開いて使う様子も示されており、ファイルの転送やリソースの共有も可能になるという。

2台のiPadがヒンジ状の専用アクセサリで接続可能に 出典:AppleInsider

同特許は「モジュラー式複数ディスプレイ電子デバイス(Modular multiple display electronic devices)」と呼ばれるもので、7月28日に米国特許商標庁(UTPTO)により承認された。特許内容には小さなコネクタ2つとヒンジ1つで構成されたアクセサリが含まれており、これがデータ転送などを行うデバイス同士の連携ツールとして機能する。このアクセサリで2台のデバイスを接続し、1台はディスプレイとして、もう1台はキーボードとして使うこともできる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録