短信

シャオミ系ウェアラブル端末「Huami」、20年2Qは売上増、世界で人気急上昇

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

シャオミ(小米科技)系スマートウェアラブル機器メーカー「華米科技(Huami)」が2020年第2四半期の決算を発表した。売上高は前年同期比9.5%増の11億3700万元(約174億円)、調整後純利益は1910万元(約2億9300万円)、粗利益率は前年同期の26.7%に対し22.3%となった。本四半期の成長はシャオミ及び華米製ウェアラブル端末の販売が牽引した。

本四半期における華米の総出荷量は前年同期の830万台から7.2%増加し、890万台に達した。2020年上半期、華米はスマートウォッチ、フィットネスバンド、スマート耳栓、折り畳み式スマートランニングマシンなど数種類のモデルを新たに展開した。

米IT専門調査会社「IDC」が発表した四半期レポートによると、2020年第1四半期、華米の自社ブランド「Amazfit」シリーズの製品が世界出荷台数ランキングで第5位に入り、米国、西欧、東南アジアにおける売上高は3桁成長を達成した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録