短信

スマート医療など5大分野が5G活用の先駆的分野に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

8月17日午前、政府系シンクタンク「中国信息通信研究院(CAICT)」の王志勤副院長が深圳で以下のように述べた。

グローバル5G活用の初期段階は主に個人向けであり、産業向けの連携活用はいまだ模索段階にある。目指すべき5Gの「3大活用方向」(産業のデジタル化、スマートライフ、デジタルガバナンス)では、スマートライフでの活用が57.4%を占めており、新型コロナウイルス肺炎の予防管理において、大いにその実力を示した。産業活用に関しては、スマート医療、ニュースメディア、スマートシティ、コネクテッドカー、産業インターネットの分野における活用が70%を占めており、これらが5G活用の先駆的分野となるだろう。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録