中国半導体産業は依然として海外に依存、世界のチップ約4分の3を輸入

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国半導体産業は依然として海外に依存、世界のチップ約4分の3を輸入

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

8月26日、「2020世界半導体大会(World Semiconductor Conference)」において、中国半導体産業協会(CHINA SEMICONDUCTOR INDUSTRY ASSOCIATION、CSIA)の副理事である魏少軍氏が、中国は世界最大のチップ輸入国であると述べた。今年も例外ではなく、中国は依然として世界の約4分の3のチップを輸入しており、その額は3000億ドル(約32兆円)を超える。

中国のハイエンドチップ製品は外部依存度が比較的高いが、ミドル〜ローエンド市場では、国内代替能力はすでに十分であり、国外への依存は徐々に減っている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録