短信

レクサス、電動化戦略が奏効 中国で販売する新車のうち4割占める

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

レクサスの中国における8月の新車販売台数が発表された。データによれば、レクサスは8月、前年同期比22.3%増となる2万698台を販売。そのうち動力源に電気を使用したモデルが8403台と、当月の全販売台数の40.6%を占めた。今年の1月から8月末までの期間に、レクサスは前年同期比9.06%増となる累計13万8349台を販売している。

7月、レクサスのスマート・ハイブリッドモデルは中国市場で累計販売台数30万台を突破。レクサス中国マーケティング部長の陳忱氏は昨年末、2025年までにレクサスはすべての車種に電動バージョンを用意し、電動化への変革を徹底的に行うと発言していた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録