短信

ファーウェイ、『最悪な状況』も想定し研究開発を拡大

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ファーウェイ(華為技術)内部関係者の話によると、米国による制裁に苦しむ同社は、自社を取り巻く周囲の状況に対してすでに最悪を想定して準備しており、幻想を捨て、今まで通りのペースで研究開発を強化し、事業を前進させていくという。

ファーウェイは現在、新たな事業を進展させるべくさまざまな新会社を設立させている。ディスプレイを例にとると、先日コンシューマー向け端末事業グループのリチャード・ユー(余承東)CEO名義で出された「ディスプレイドライバー製品分野における端末チップ事業部の設立に関するお知らせ」と題した文書で示されたように、FAE(フィールドアプリケーションエンジニア)、製品管理部門、開発部門など、ディスプレイドライバーチップに携わるチームを組織する動きがある。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録