短信

テスラ上海ギガファクトリー第2期工事、「Model Y」量産へ急ピッチ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

9月6日、テスラ上海ギガファクトリー2期プロジェクトの工事が最終段階に入った。現在、主要構造物や外装の工事は完了、機械等設備もほぼ完成し、並行してテスト調整も進められており、2棟の工場はそれぞれ10月、11月に予定通り完成する見込みだ。

2期プロジェクトを担当した「中建八局第一建設有限公司(The First Company of China Eighth Engineering Division Ltd.)」のプロジェクトマネージャーは同プロジェクトの工事について、「建設に係る厳格な要求に応え、品質を守りながら、8万6000平方メートルという広大な工場を200日余りの工期で完成させた。同規模、同様の工事で通常かかる時間の半分という速さだ」と、感慨深く語った。

この2期では、ミッドサイズSUV「Model Y」の生産を行う。テスラによれば、2021年第1四半期に同地での量産が開始される予定である。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録