『車多多』シリーズAで1,770万米ドル調達 金融サービスを武器に市場へ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

投資

『車多多』シリーズAで1,770万米ドル調達 金融サービスを武器に市場へ

二手车交易平台「车多多」上线并获1770万美元A轮融资,以金融切入汽车服务后市场

36氪获悉,好车多多科技有限公司宣布旗下二手车服务交易平台「车多多」正式上线,并完成 A 轮共计 1770 万美元融资,由华创资本领投,易鑫集团、李星星、源码资本等多个投资机构及个人跟投。本轮融资将主要用于车多多上线后的运营、开发与市场拓展。

好车多多团队曾先后经历帅车、看车网等不同发展阶段,此前业务覆盖全国近百个城市,而推出车多多平台可以看作公司对此前多项业务的升级整合。

创始人兼CEO郑伟表示,在“帅车”品牌阶段,公司借鉴美国最大二手车零售商CARMAX,在国内实行汽车零售大卖场模式;此后创立“看车”品牌,推出“一键分发”、“大量真实有效车源”、“带看+金融场景化交易”等汽车交易服务模式。

车多多希望在优化消费金融服务的基础上,在未来联合战略合作伙伴推出保险、检测评估、延保、车务在内的整套汽车后市场服务。

关于平台的运营,郑伟表示,“团队首先搭建起二手车消费金融交易服务平台,并在上游对接、合作多样化的二手车消费金融产品,再通过二手车交易直营团队,为二手车经销商和消费者提供服务。”

C端风控方面,郑伟表示,“汽车贷款服务中,坏账情况主要出现在‘骗贷’方面。这类情况我们主要依靠线下人员对顾客进行‘数据+行为’的全面评估,并严守操作规程。”

内控方面,车多多表示平台已经引入AI语音识别技术,并结合实时图像回传,对线上线下员工实施监管,提升平台内部反欺诈能力。

关于车多多平台的商业模式,郑伟表示传统二手车单笔交易并不赚钱,而车多多会以贷款等金融项目为主实现营收。

此前,二手车市场上已有瓜子、优信、人人车等多家交易平台共存,郑伟告诉36氪,“每个平台的切入点不同,车多多是以金融产品作为主打方向;同时这个市场存量够大,单个平台很难形成垄断,举个例子,消费者在有意愿购车时,一般都会‘货比三家’,每个平台都看一看。”

目前,车多多合作商家已覆盖全国90个城市,A轮融资过后将加快线下布局、加大线上推广力度并优化平台服务体验。

车多多创始团队介绍:创始人兼CEO郑伟、联合创始人COO蔡波拥有超过10年汽车行业经验,郑伟曾任帅车CEO、看看车CEO以及易鑫集团高级副总裁,蔡波负责搭建早期的帅车二手车信息系统,后任看看车COO以及易鑫集团副总裁;联合创始人兼总裁李星星拥有10年汽车,摩托车行业经验,曾任吉利集团下属多个子公司总经理、董事长。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

36Krは、好車多多科技有限会社が、傘下の中古車取引プラットフォーム『車多多』を正式に運用開始するとの情報を得た。総計1,770万米ドルをシリーズAラウンドで資金調達したとのことで、同ラウンドは華創資本(チャイナ・グロース・キャピタル)がリードし、それに易鑫集団(イシングループ)、李星星、源碼資本(ソース・コード・キャピタル)など多くの機関や個人投資家が続いた。この資金は開始後の運営や開発、市場開拓のために使われるとのことである。

好車多多グループは、これまで「帅車」「看車網」など異なる成長段階のサービスを経験し、これらの業務で全国100近くの都市をカバーしている。『車多多』は、今までの経験を活かした、総合的でより洗練したプラットフォームとして登場する。

創業者兼CEOの鄧偉によると、「『帅車』ブランドでは、アメリカの中古車小売販売の最大手であるCARMAXの手法を参考に、中国国内において自動車の小売スーパーマーケット型モデルを展開してきた。その後創立させた『看車』ブランドでは、“一度に多くの媒体に情報掲載”、“多くの真の車資源を保証”、“実際に見て、顧客の生活シーンに合わせた金融取引提供”などの自動車取引サービスモデルを出してきた。

この『車多多』では金融サービスの最適化を中心に、今後は戦略的に提携パートナーと共に保険、検査や評価、保険の更新など自動車にまつわるあらゆるアフターサービスを手がけていきたいとのことだった。

プラットフォームの運営に関しては、「まず、中古車購入のための金融取引ができるプラットフォームを立ち上げ、貸し手と繋げて多様な金融商品を展開し、さらに中古車販売の直営グループを通じ、中古車販売ディーラーと消費者にサービスを提供していきたい」。

また、消費者リスクマネジメントについては、「自動車ローンで不良債権が発生する原因の多くは“ローン詐欺”にあるため、これを防ぐためにスタッフには顧客と実際に対面した上で、“データと行動”を全面的に審査し、かつマニュアルを厳守させていきます」とのことである。

内部規制管理については、『車多多』のプラットフォームには既にAIによる音声識別技術や、リアルタイムで画像を回転させて見ることができる技術なども用い、オンライン上の従業員と実店舗の従業員を管理監督し、内部で詐欺行為が起きないよう抑制していくとのこと。

また、『車多多』プラットフォームのビジネスモデルについて鄧偉は、「これまでの伝統的な中古車販売は売り切り方式で決して多くの利益が出せるものではなかったが、『車多多』はローンの貸付などの金融サービスをメインに利益を出していきたい。」と話している。

中古車市場においては既に瓜子、優信、人人車など多くの取引プラットフォーマーが共存している状態だ。しかし、鄧偉は我々に「どのプラットフォーマーも着眼点が違い、その中で『車多多』は金融商品をメインに打ち出していきます。この市場にはまだまだ余地があると思っており、ひとつのプラットフォーマーが独占できるようなものではありません。例を挙げていえば、消費者は車を買うとき、一般的には必ずいくつか比較してから買いますね。それと同じで、どのプラットフォームも覗いてみるものなのです」と説明してくれた。

現在、『車多多』の提携業者は、全国90以上の都市に分布しており、シリーズAラウンドでの資金調達後は実店舗の配置を進め、オンラインでの普及とプラットフォーム上でのサービス向上に力をいれていく。

『車多多』の立ち上げに関わった人物の紹介:創業者兼CEO鄧偉と共同創業者でCOOの蔡波は、自動車業界で10年以上のキャリアがある。鄧偉は、かつて帅車でCEO、看看車でCOO、易鑫集団では上級副総裁を務め、蔡波は、初期の帅車中古車情報システムの立ち上げを担当。後に、看看車COOと易鑫集団で副総裁の職を歴任した。共同創業者であり総裁職の李星星も、10年の自動車・バイク業界でのキャリアを持ち、以前は吉利集団(ジーリーグループ)傘下の多くの子会社で総経理や董事長職を歴任してきた。

 

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録