短信

北京市で高度自動運転モデルエリアの開発がスタート

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

9月19日、自動運転技術の高度化を促す「高度自動運転モデルエリア」の開発が、北京市で始まった。年末には建設が完了するという。

同エリアは、北京市亦荘地区の「北京経済技術開発区」全域を中心とする、約60平方キロメートルの範囲に設置され、「スマート道路」、「スマートカー」、「リアルタイムクラウド」、「信頼性のあるネットワーク」、「正確なマップ」の5大要素が相互に作用し合うシステムが、2022年までに構築される予定。ネット接続に基づくクラウド制御型自動運転技術および管理の要となるサイクルを打ち立て、都市型の技術試験プラットフォームを形成することで、商用化と、製品の試験的な普及を実現させていくとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録