短信

機械の異常を音で検知するAI診断「Sucheon」、シリーズBで15億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

AI音響診断によって機械の異常を検知するソリューションを手掛ける「碩橙科技(Sucheon Technologies)」がシリーズBで約1億元(約15億円)を調達した。出資者は「順為資本(Shunwei Capital)」。

碩橙科技の主要製品は異常音を検知するためのハードウエア「橙箱(SC Box)」とそれに対応するソフトウエアによって設備の異常を検知するシステムだ。これにより、企業は監視対象設備の故障率と維持コストを削減し、設備のライフサイクルを伸ばし、会社全体の生産効率を向上できる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録