評価額3000億円以上のオンライン学習ユニコーン「17zuoye」、年末までに米国IPOを目指す

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

評価額3000億円以上のオンライン学習ユニコーン「17zuoye」、年末までに米国IPOを目指す

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

K12(幼稚園から高校生)向けスマート教育プラットフォームを運営する「一起教育科技(17zuoye)」が、米国証券取引委員会(SEC)に登録届出書(Form F-1)を提出し、2020年末までに米国での新規株式公開(IPO)を実施する計画だという。

2011年に設立された一起教育科技は、小・中・高等学校のキャンパス、特に教師サイドから切り込み、授業、宿題、評価などのシナリオをカバーすることにより教師による同社の製品利用頻度を高め、さらに保護者および児童・生徒サイドの購買意欲を促進することを事業の特徴としている。

設立以来、一起教育科技は7度の資金調達を行っており、現在の評価総額は30億ドル(約3130億円)に達している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録