短信

上海市、スマート駐車アプリをリリース 市内89万台分の情報をカバー

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

10月15日、上海市浦東新区政府がWeChat公式アカウント「浦東発布」で、市内の公共駐車場89万台分をカバーする駐車アプリ「上海停車」がリリースされたことを伝えた。同アプリでは駐車場情報の取得や駐車料金の支払いができ、上海市内4300カ所の駐車場や路上の有料パーキングスペースに対応している。

同アプリには駐車ナビやパークアンドライド、シェアパーキング、料金支払いなど多数の項目がある。モバイル決済ツールの「WeChat Pay」や「アリペイ(支付宝)」に対応しており、出庫後に駐車料金を支払いすることも可能である。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録