アリババ「ダブルイレブン」の海外利用者も急増 10カ国の税関が24時間稼働で通関手続き対応

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

アリババ「ダブルイレブン」の海外利用者も急増 10カ国の税関が24時間稼働で通関手続き対応

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

アリババグループが開催する2020年の「天猫双11全球狂歓季(ダブルイレブンショッピングフェスティバル)」に、海外の消費者も多数参加した。同社傘下のグローバル越境EC「アリエクスプレス(AliExpress)」のデータによると、同社の国内準備倉庫には、昨年の100倍以上のオーダーが来ているとのこと。

中国からの大量の小包に対応するため、アリババは世界30カ国近くの税関と対処案を策定した。そのうち、ブラジル、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、トルコ、フランス、ベルギー、スペイン、ロシアなど10カ国の12の税関が、「平日24時間+週末稼働」の残業モードで全力で通関手続きを行うという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録