遠隔での心電図サービスを提供する「星康医療」が数億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

遠隔での心電図サービスを提供する「星康医療」が数億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

遠隔心電図サービスを提供する「星康医療(StarCare)」はこのほどシリーズAで数千万元(数億円)を調達した。出資者と具体的な調達額は非公表。

星康医療は2016年9月に設立され、心電ビッグデータと信号処理技術をベースに、関連アルゴリズム、医療製品、クラウドサービス、トータルソリューションの研究開発を行っている。同社の事業は心電製品の自主研究開発、生産、マーケティング、臨床サービスをカバーしている。

同社の中核プラットフォームは、遠隔医療クラウドサービスプラットフォーム「星康雲(StarCare Cloud)」で、遠隔画像読み取りサービスを提供している。同プラットフォームはまず心電データの遠隔伝送・通信を行い、専門のバックグランド臨床読影チームを通じて「星康アルゴリズム」で処理された心電データをチェックし、最終的に人によるチェックを経た心電データをクラウドを通じて患者に返送する。

「星康雲」プラットフォームは資源共有の効率性、心電データの緊急処理の適時性を高め、病院、医療サービス企業、患者の経済的負担軽減に役立つとされている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録