トランプ政権、TikTokの米事業売却期限を12月4日まで再延長

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

トランプ政権、TikTokの米事業売却期限を12月4日まで再延長

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米連邦地方裁判所が開示した資料によると、米政府は中国バイトダンス(字節跳動)が手掛けているショート動画サービスTikTokの米事業売却の期限をさらに7日間延長したと認めた。新たな売却期限は12月4日となる。

バイトダンスはこのほど、米国政府の懸念事項への対応を目的とした更新案を提出したと報じられているが、その内容は明らかにされていない。今年11月10日に、TikTokが米国政府を相手取って訴訟を起こした。

トランプ大統領は8月14日、バイトダンスに対し90日以内にTikTokの米国事業を本土企業に売却するようと指示し、売却期限を11月12日としていたが、その後15日間の延長が認められ、売却期限は27日までに延ばされた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録