DiDi、2020年に安全対策へ約470億円を投資 交通事故率は前年比35%減少

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

DiDi、2020年に安全対策へ約470億円を投資 交通事故率は前年比35%減少

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

12月2日、第9回全国交通安全デーの宣伝イベントで、配車サービス最大手「滴滴出行(DiDi Chuxing)」が2020年は安全特別経費に30億元(約470億円)近くを拠出すると発表した。これは、2019年に拠出した20億元(約310億円)の1.5倍である。 

同日、DiDiはさらに、2020年に入って以降のオンライン配車サービス、シェアサイクル、相乗り配車サービス、代行運転、高度道路交通システムなど多数の事業における交通安全データを初めて公開した。2020年1月から11月にかけて、同社のネット配車事業における交通事故率は前年同期に比べ35%減少した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録