TikTok禁止令は越権行為 2例目の米判事による発動差し止め

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

TikTok禁止令は越権行為 2例目の米判事による発動差し止め

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ロイター通信の報道によると、現地時間12月7日、米コロンビア特別区(ワシントン)連邦地裁のカール・ニコルズ(Carl Nichols)判事は同国商務省が発動しようとしていたショート動画投稿アプリ「TikTok」の利用禁止措置を一時差し止める決定を下した。ニコルズ判事は昨年、トランプ大統領によって任命されていた。

報道によれば、米国の判事が同アプリの禁止措置を差し止めたのは今回で2例目。ニコルズ判事は米国商務省が発令していたTikTok禁止措置は法的権限を「逸脱した可能性が高く」、「同省は明らかな代替案の検討を怠ったことで、恣意的かつ一貫性のない行動をとった」と説明した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録