新興国の経済見通し、2021年の有望市場1位はタイ、韓国は3位

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

新興国の経済見通し、2021年の有望市場1位はタイ、韓国は3位

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ブルームバーグが12月17日、発展途上にある17市場を対象に、2021年における経済・金融パフォーマンスの見通しを評価した調査の結果を公表した。それによると、最も有望な新興市場としてトップ3にタイ、ロシア、韓国が入った。

タイは資本準備金が豊富なほか、外国からの投資の見込みも大きいことから1位となり、ロシアは同国通貨であるルーブルの割安感に加え、堅調な対外収支と強固な財政状況を理由に2位にランクインした。

このほか、2021年のGDP成長率トップ3に9%のインド、8.1%の中国、7.5%のフィリピンが挙げられ、アジアの市場が上位を占めた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録