威馬汽車、新型レベル4自動運転車を2021年に発売 バイドゥとの共同開発

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

威馬汽車、新型レベル4自動運転車を2021年に発売 バイドゥとの共同開発

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

12月8日、バイドゥ(百度)が主催する「2020 Apollo エコシステムカンファレンス(2020 Apollo生態大会)」で、EVメーカー「威馬汽車(WM Motor)」が同社で3モデル目となる新型インテリジェント電動SUVを初披露した。同モデルは威馬とバイドゥの自動運転オープンプラットフォーム「Apollo」により共同開発され、2021年に発売される予定だ。

新モデルには、新しい電気 / 電子アーキテクチャ(E / EA)が採用され、威馬汽車とバイドゥが共同開発した世界初の大量生産型「Cloud AVP(Automated Valet Parking;自動バレーパーキング機能)」がいち早く搭載されている。これにより特定の場面におけるレベル4の自動運転機能が実現されることとなった。

2020年9月、威馬汽車はテクノロジー戦略「IdeaL4」を発表し、バイドゥや米半導体メーカーのクアルコム(Qualcomm)、半導体設計を手掛ける「紫光展鋭科技(UNISOC)」、「芯鑫融資租賃(Sino IC Leasing)」などとスマートアライアンスの立ち上げに合意した。「人ー車ー環境」が融合し合うインテリジェントなテクノロジーエコシステムを形成することが目標だという。今回発表された新モデルも「IdeaL4」に基づくものである。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録