バイドゥ、南京市でレベル4自動運転テスト用ナンバープレートを取得

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

バイドゥ、南京市でレベル4自動運転テスト用ナンバープレートを取得

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

IT大手バイドゥ(百度)の自動運転開発プラットフォーム「Apollo」が、江蘇省南京市政府が発行したレベル4自動運転テスト用ナンバープレート5枚を取得した。これは南京市が初めて発行した自動運転テスト用のナンバープレートであり、量産モデル向けとしては江蘇省初となる。

今後、バイドゥは自動車大手「中国第一汽車集団(China FAW Group)」傘下の高級車ブランド「一汽紅旗」と共同開発した「紅旗EV」の自動運転車のテスト走行を南京市秦淮区で行う。紅旗EVの自動運転車は現在、中国国内で量産型モデルとして唯一のレベル4自動運転乗用車である。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

UNLEASH TOKYO

36Krは東京都の魅力を海外に発信する注目イベント「UNLEASH TOKYO」に協力しています。 3月9日(火)-11日(木)の3日間、様々なゲストを交えて14時から開催します。 36Kr CEOも登壇するのでぜひご覧ください!

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録