中国電子タバコ「RELX(悦刻)」の親会社が米国でIPO、時価総額4兆6000億円超え

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国電子タバコ「RELX(悦刻)」の親会社が米国でIPO、時価総額4兆6000億円超え

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

Update:

電子タバコブランド「RELX(悦刻)」を展開する中国「霧芯科技(RLX Technology)」が1月22日、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)へ上場した。始値は12ドルの新規株式公開(IPO)価格を大きく上回った22.34ドルで スタートし、日中高値の30.96ドルに達した後、145.92%増の29.51ドルで取引を終えた。

記事公開時点、同社の株価は28.63ドルとなり、時価総額は443億ドル(約4兆6000億円)を超えている。

ーーーーー

(1月8日情報)セコイア・キャピタルなどの出資を受けた中国電子タバコメーカー大手「霧芯科技(RLX Technology)」(傘下に電子タバコブランド「RELX(悦刻)」を持つ)が、米国証券取引委員会(SEC)にIPOを申請し、調達目標は1億ドル(約100億円)とシンガポールの新興メディア「Deal Street Asia」が報じた。ティッカーシンボル(日本の証券コードに相当)はRLXで、財務アドバイザーはシティバンクが務める。

2018年に設立されたRLXは、本社を北京に置き、110の正規代理店、5000以上のパートナー店舗、10万近くの小売店で中国国内250以上の都市をカバーする。 昨年9月の時点で、同社の売上高は4億ドル(約410億円)に達していた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録