OPPOのスマホ出荷台数が倍増 西欧・日本のハイエンド市場での勢い顕著

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

OPPOのスマホ出荷台数が倍増 西欧・日本のハイエンド市場での勢い顕著

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国スマートフォン大手OPPOは、ハイエンドスマートフォンブランドの愛好家が集中する西欧と日本で、2020年のスマートフォン出荷台数が2倍以上の伸びを示したことを明らかにした。

1月4日、OPPO創業者兼CEOの陳明永氏は年頭の挨拶の中で、次期フラッグシップスマートフォン「Find X3」が2021年第1四半期に発売予定であることを明かした。「Find X」シリーズはOPPOのハイエンドフラッグシップと位置付けられており、韓国サムスンや米Appleをベンチマークとしている。

香港の調査会社「Counterpoint」のレポートによると、スマートフォンの世界出荷台数は減少してはいるものの、ハイエンド市場は依然として強力く成長している。このうちアジア太平洋地域、中国、欧州、中東、アフリカ、北米では、2020年第2四半期の平均販売価格が全体で10%上昇しており、スマートフォンメーカーは相次いで高価格帯製品をリリース。販売増見据え在庫を増やしている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録