「女性版ウォーレン・バフェット」キャシー・ウッド氏、スマートEV参入のバイドゥ株を買い増し

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

「女性版ウォーレン・バフェット」キャシー・ウッド氏、スマートEV参入のバイドゥ株を買い増し

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

IT大手バイドゥ(百度)がスマート電気自動車(EV)分野に進出するというニュースが、「破壊的イノベーション」をテーマとした投資を行う米運用会社「アーク・インベストメント・マネジメント(ARK Investment Management)」(以下「アーク社」)およびアーク社CEOのキャシー・ウッド(Cathie Wood)氏の関心を引いたようだ。キャシー・ウッド氏は「女性版ウォーレン・バフェット」とも称され、注目される投資家のひとりである。

1月14日に報じられたニュースによると、アーク社は11日、革新的企業への投資をテーマとする「ARKK」など、同社が運用する3つのETF(上場投資信託)を通じてバイドゥの株式を約40万株購入した。これにより2020年11月11日時点で、アーク社の3つのETF合計でバイドゥの株式を270万株以上保有していることになり、その時価総額は約6億ドル(約620億円)に迫る。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録