AI駆動型BI SaaSプラットフォーム「億景智聯」:シリーズAで数億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

AI駆動型BI SaaSプラットフォーム「億景智聯」:シリーズAで数億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

時空間データプラットフォームを展開する「億景智聯(Changjing.ai)」が、シリーズAで数千万元(数億円)を調達した。出資者は「雲九資本(Sky9 Capital)」。億景智聯は2020年7月にも、AI分野のユニコーン「第四範式(4Paradigm)」がリード・インベスターを務めるエンジェルラウンドで、数千万元(数億円)を調達している。

2019年に設立された億景智聯は、AIや時空間データ技術を活用し、企業ユーザーにビジネスインテリジェンス(BI)ソリューションのSaaSプラットフォームを提供している。同社の製品は、マルチソースデータからデータ価値を掘り起こし、様々な場面における事業のスマート化を実現し、データインテリジェンスによって企業の分析や計画策定、意思決定、運営といった各プロセスを活性化させるものだ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録