衛星データ・リモートセンシングの「大地量子」が資金調達 シャオミ創業者率いるVCも出資

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

衛星データ・リモートセンシングの「大地量子」が資金調達 シャオミ創業者率いるVCも出資

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

クラウドネイティブのデジタルアースPaaS(Platform as a Service)を展開する「大地量子(Terra Quanta)」が、このほどシリーズA+で、スマホ大手シャオミ(小米科技)創業者の雷軍氏が設立した「順為資本(Shunwei Capital)」から資金を調達した。 2020年11月、同社はシリーズAで5000万元(約8億円)の資金を調達したばかりだ。

2017年に設立された大地量子は、AI + 衛星リモートセンシングに特化したビッグデータ技術サービス企業だ。 あらゆる空間ビッグデータ関連製品への顧客ニーズに答えるため、リモートセンシング衛星、ドローン、地上センサーデータを統合し、独自開発したアルゴリズムを活用したグリッドデータ管理を行う。

主に農業保険、農産物先物、国土計画、環境保護、金融、電力網、石油および石油化学などの業界のクライアントに対し、高付加価値データと、正確さと安定性を併せ持つ豊富な空間ビッグデータを、クラウドネイティブPaaSサービスの形で提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録