眼科用の高性能診断機器メーカー「SVision」、シリーズBで約16億円超を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

眼科用の高性能診断機器メーカー「SVision」、シリーズBで約16億円超を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

眼科用の診断関連機器メーカー「視微影像(SVision)」がシリーズBで1億元(約16億円)超を調達した。リード・インベスターは「陝投誉華」。

視微影像はハイエンドな眼科用診断関連機器の研究開発メーカー。2014年に米シリコンバレーで設立され、2015年に中国の産業政策による支援を受け本部を中国に移転し、上海に研究開発センターを設置した。光学設計、イメージングアルゴリズム、AI、クラウドプラットフォームなどの最先端テクノロジーを統合し、波長掃引光源を用いたOCT(Optical Coherence Tomography:光干渉断層撮影)機器など、眼科での診断に不可欠な医用画像ソリューションを提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録