テンセントなど、子供向けのオンライン英語教育スタートアップに約103億円を出資

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

テンセントなど、子供向けのオンライン英語教育スタートアップに約103億円を出資

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

オンライン児童英語教育を手掛ける「嘰里呱啦(Jiliguala)」が、シリーズCで約1億ドル(約103億円)を調達した。出資者はIT大手の「テンセント(騰訊)」と「摯信資本(Trustbridge Partners)」。

現在、嘰里呱啦は、0~8歳児向けの英語早期教育カリキュラム「嘰里呱啦」と、3~12歳児向けにAIカスタマイズされたレベル別の英語リーディング教材「呱呱閲読」という、2種類のフラッグシップアプリを提供している。

また同社は、2014年の創設以来、5000万人以上のユーザーを獲得すると共に、セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)、ベルテルスマンアジア投資基金(Bertelsmann Asia Investments;BAI)、真格基金(Zhen Fund)などの著名投資機関から、複数回にわたり資金を調達している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録