Honor、ファーウェイから独立後初のスマホ 高精度測位により車線レベルのナビ実現

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

Honor、ファーウェイから独立後初のスマホ 高精度測位により車線レベルのナビ実現

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ファーウェイ(華為技術)から独立したスマートフォンブランド「Honor(栄耀)」は1月22日、独立後初となる新機種「HONOR V40」を発表した。

V40は、アリババ傘下の高精度位置情報サービス企業「千尋位置(Qianxun SI)」が提供する時空間(時間・位置)測定スマートサービスを搭載。これにより、同じくアリババ系の地図アプリ「高徳地図(Amap)」を通じ、サブメートル級(測位精度1メートル以下)の車線案内が可能になるという。Honorのスマートフォンは、千尋位置が構築した世界最大規模の地上型衛星航法補強システム(Ground-Based Augmentation System;GBAS)により、信頼性99.9%以上という高精度な衛星測位補正サービスを中国全土で24時間利用できるようになる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録