ファーウェイ、世界スマホ出荷台数が激減 シェアTOP5から陥落か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ファーウェイ、世界スマホ出荷台数が激減 シェアTOP5から陥落か

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ファーウェイ(華為技術)が、米国政府による度重なる輸出規制の影響を色濃く受けている。半導体供給停止の危機下において、世界で同社製スマートフォンの出荷台数は急激に落ち込んだ。

国際的な市場調査機関であるCanalysとIDCが、このほど2020年第4四半期における世界スマートフォン出荷台数レポートを同時に発表した。

IDCのレポートによると、ファーウェイ製スマートフォンの世界出荷台数は3230万台。世界市場におけるシェアは8.4%で5位に順位を落とした。Canalysのレポートでは、ファーウェイはすでにトップ5から転落し、「その他(Others)」にまとめられており、具体的なデータは明らかにされていない。

写真:IDC 2020年第4四半期スマートフォン市場シェア 画像出典:IDCオフィシャルサイト
写真:Canalys 2020年第4四半期スマートフォン市場シェア 画像出典:Canalysオフィシャルサイト

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録