中国で最も売り上げる高級オーラルケアブランド、約10億5000万円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国で最も売り上げる高級オーラルケアブランド、約10億5000万円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

スマート音波電動歯ブラシを始めとするオーラルケア製品に焦点を当てる「深圳小闊科技有限公司(Shenzhen Xiaokuo Technology)」が手掛ける高級オーラルケアブランド「参半(NYSCPS)」がシリーズA+で1000万ドル(約10億5000万円)を調達した。

リード・インベスターは「創新工場(Sinovation Ventures)」、コ・インベスターは「清流資本(Crystal Stream)」と「梅花創投(Plum Ventures)」。資金調達後、参半はオーラルケア関連製品を含むオーラルケアサービス領域全般の展開を拡大し、あらゆる状況のオーラルケアに対応可能なソリューションを提供できるブランドを目指す。

参半は2018年に設立され、当初は歯磨き粉製品に焦点を当てていた。その後2020年10月にマウスウォッシュ製品を発売し、販売開始から80日で1億元(約16億3000万円)を売り上げた。現在は、アリババ系ECモール「天猫(Tmall)」やソーシャルEC「拼多多」などのECプラットフォームにおけるマウスウォッシュカテゴリーのランキングで首位に立っている。

2020年以降、歯磨き粉、電動歯ブラシ、マウスウォッシュ、ホワイトニング製品、さらには歯科矯正用のインビジブルアライナーなどのニッチな分野にも進出し、資本業界から注目を集めている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録