中国EV大手「BYD」、ハイエンドブランド設立に向け組織改編

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国EV大手「BYD」、ハイエンドブランド設立に向け組織改編

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

2月2日、電気自動車(EV)中国最大手の「比亜迪(BYD)」が最新の組織構造の調整について発表を行い、「王朝(Dynasty)シリーズネット販売事業部」、「eシリーズネット販売事業部」、「ブランド・広報事業部」、「アフターサービス事業部」の4大事業部門が設立されたことを明らかにした。

報道によると、BYDのハイエンドブランドも今後1~2年以内にリリースされる予定で、最初のモデルは「海豚(Dolphin)」と命名される可能性があるという。

BYDの既存ブランドも高価格帯と低価格帯の製品を揃えている。eシリーズの価格は10万元(約162万円)前後、王朝シリーズの「秦(Qin)」と「宋(Song)」の価格帯は10万~20万元(約324万円)、同じ王朝シリーズの「唐(Tang)」と「漢(Han)」では20万~30万元(約487万円)となっている。ただしこれらのブランドの区分は明確ではない。 

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録