米シングルセル解析「10x Genomics」をベンチマークにする「万乗基因」が数億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

米シングルセル解析「10x Genomics」をベンチマークにする「万乗基因」が数億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

一細胞レベルで遺伝子発現やゲノムDNAの状態を解析するシングルセル解析用のプラットフォームを研究開発する「万乗基因(10K Genomics)」が、プレシリーズAで「北極光創投(Northern Light Venture Capital)」から数千万元(数億円)を調達した。資金は今年3月リリース予定のハードウェア「液滴ベースのマイクロ流体シングルセル解析プラットフォーム」やマルチオミクス解析用試薬の製品化、およびマーケティングに充てられる。

2018年に設立された万乗基因は、ハイスループットでマルチオミクスなシングルセル解析プラットフォームの研究開発に注力している。同社は、米国にあるシングルセル解析のトップメーカー「10x Genomics(テンエックス・ゲノミクス)」をベンチマークにしており、中国で10x Genomicsがシェアを独占している状態を打破し、高品質なシングルセル解析の国産化を目指す。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録