160以上の国・地域で展開するオンライン美術教室がシリーズD+で42億円超を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

160以上の国・地域で展開するオンライン美術教室がシリーズD+で42億円超を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

美術教育プラットフォームの「美術宝(Meishubao)」を運営する「浙江芸旗教育科技(Zhejiang Yiqi Education Technology)」が、シリーズD+で4000万ドル(約42億円)超を調達した。

出資者は「中国国際金融(CICC)」傘下のファンドや「五星控股(Five Star Holdings)」傘下の「星納赫資本(Focustar Capital)」など。同社は本ラウンドを含めシリーズD全体で2億5000万ドル(約260億円)超を調達している。そのほかTPGキャピタル、テンセント(騰訊)、「順為資本(Shunwei Capital)」などからも出資を受けており、現在までに累計22億5000万元(約365億円)以上を調達している。

2014年に設立された美術宝は家庭向けのオンライン美術教室で、3~18歳のユーザーをターゲットにしている。現在は160以上の国・地域でサービスを提供しており、今までに累計2億6000万回のレッスンを行い、中核事業である教育製品には500万人以上が登録、有料講座の受講生は累計50万人以上だ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録