テンセント支援の共同購入型EC「興盛優選」が約3170億円を調達 評価額は約8450億円に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

テンセント支援の共同購入型EC「興盛優選」が約3170億円を調達 評価額は約8450億円に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

社区(団地などの生活コミュニティー)向けに生鮮食品や日用品の共同購入型ECを手掛けるスタートアップ「興盛優選(Xingsheng Youxuan)」が、間もなく30億ドル(約3170億円)の調達を完了する。リード・インベスターは「セコイア・キャピタル(紅杉資本)」、コ・インベスターは「テンセント(騰訊)」、「方源資本(FountainVest Partners)」、シンガポールの政府系投資会社「テマセク・ホールディングス(Temasek Holdings)」、 米投資ファンド「コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)」、「徳弘資本(DCP)」、「春華資本(Primavera Capital)」、不動産開発「恒大集団(Evergrande Group)」など。

興盛優選が過去1年間に行った資金調達は今回で4度目となり、調達総額は46億ドル(約4860億円)に達している。前回の資金調達完了後、同社の評価額は50億ドル(約5280億円)だったが、今回の資金調達で、評価額は少なくとも80億ドル(約8450億円)に達すると見られる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録