生鮮食品販売プラットフォーム「Dmall」が米IPOを計画 目標調達額は約528億円か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

生鮮食品販売プラットフォーム「Dmall」が米IPOを計画 目標調達額は約528億円か

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の大手スーパーマーケットチェーングループ「物美集団(WUMART)」が出資するオンライン小売サービスの「多点新鮮(北京)電子商務有限公司(Dmall E-commerce Co., Ltd.)」が米国での新規株式公開(IPO)を計画している。多点新鮮は現在アドバイザーと協議を進めており、2021年下半期の上場を目指しているという。

消息筋の情報によると、同社はIPOで5億ドル(約528億円)の調達を計画しているという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録