中国旅行最大手Trip.com、春節前に香港市場への重複上場を申請

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国旅行最大手Trip.com、春節前に香港市場への重複上場を申請

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国オンライン旅行最大手の「Trip.com(携程集団)」が、春節前に香港証券取引所への重複上場の申請を行い、「中国国際金融有限公司(CICC)」、ゴールドマン・サックス、JPモルガンの3社を上場スポンサーに選定したと報じられた。記事執筆時点で、関係企業からのコメントは得られていない。

2019年末にも、Trip.comが香港での重複上場の計画を始動させたと報じられていた。だが、その後の新型コロナウイルスの流行拡大により、主に旅行業に依存して収益を上げる同社は、あらゆる事業で大打撃を受けた。

現在、Trip.comの業績は徐々に改善に向かっている。2020年12月初旬に同社が公表した2020年第3四半期の財務データによると、売上高は55億元(約899億円)、純利益は16億元(約261億円)となり、コロナウイルス感染拡大後初の黒字を達成した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録