短信

吉利(Geely)、新会社を設立しスマートEV市場で真っ向勝負

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の自動車大手「吉利控股集団(Geely Group Holdings)」の創業者である李福書氏は、このほど同社従業員に充てた書簡の中で、吉利が「2つのBlue Geelyアクションプラン(藍色吉利行動計画)」を策定したことを明らかにした。

具体的に見ると、1つ目の計画は主に省エネ車と新エネルギー車に焦点を当て、90%を新エネルギーハイブリッド(HV)車に、10%前後を従来の小排気量省エネ車とする内容で、2つ目は主に電動スマートカーに焦点を当て、スマートEV市場で真っ向勝負するために、電動スマートカー会社を新たに設立するという内容だ。

先日のメディア報道によると、新会社は吉利のEV専用プラットフォーム「SEA(Sustainable Experience Architecture;浩瀚智能進化体験架構)」をベースに生産されたモデルを管理し、吉利の傘下ブランド「領克(Lynk&Co)」のSEAプラットフォーム採用EVのマーケティングも担うという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録