バイドゥの自動車製造会社が登記を完了 ブランド名は「集度」に決定

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

バイドゥの自動車製造会社が登記を完了 ブランド名は「集度」に決定

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

オンラインプラットフォームの公開情報によると、中国IT大手バイドゥ(百度)が自動車大手の吉利汽車(Geely Automobile)と共同で立ち上げた自動車製造会社が登記を完了した。名称は「集度汽車」で、登録資本金は20億元(約332億円)、法定代表人(法に基づく登記上の法人代表)はシェア自転車サービス「モバイク(Mobike、摩拝単車)」の共同創業者として知られる夏一平氏となっている。

バイドゥは、「集度という社名はバイドゥのAIが命名した。アルゴリズムを用いて挙げられた100以上の候補の中から、最終的に『バイドゥのAI能力を集約する』との意味が込められた集度に決定した」と述べている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録