荒野行動のネットイース、日本でゲーム用チャットアプリ「Kumoo」をローンチ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

荒野行動のネットイース、日本でゲーム用チャットアプリ「Kumoo」をローンチ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国総合IT大手の「ネットイース(NetEase=網易)」が先月初め、日本で「Kumoo – ゲーム仲間と出会う通話アプリ」をローンチした。

記者が実際に使ってみた感じでは、このアプリはネットイースが日本のゲーム市場向けにカスタマイズしたボイスチャット製品のようだ。この製品では「荒野行動(KNIVES OUT)」や「Identity V 第五人格」などのゲームデータを直接連携でき、ゲーム内でフレンド登録しなくても、ユーザーのゲームデータを詳細に表示し、コミュニケーションの利便性を向上させられる。 KUMOOでチームメイトを見つけたら、1回クリックするだけで自動的にチームが形成され、ゲームがスタートする。

2017年10月、ネットイースは日本でバトルロイヤルゲーム「荒野行動」のモバイル版をローンチ、すぐに多くのゲームランキングでトップに立った。 米アプリ分析会社「App Annie」が発表した「トップパブリッシャーアワード2020」世界トップ52社で、ネットイースは第2位にランキングされている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録