中国の音楽著作権管理会社、シードラウンドで数千万円を調達 著作権意識の高まり反映

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国の音楽著作権管理会社、シードラウンドで数千万円を調達 著作権意識の高まり反映

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

音楽著作権サービス会社「火花音悦(SparkMusic)」が、シードラウンドで数百万元(数千万円)を調達した。出資者は「東湖天使基金(East-Lake Angel Fund)」「ラインコン・インターアクティブ・グループ(藍港互動集団)」など。

火花音悦は2020年に設立された。音楽の商用ソリューション、音楽著作権管理、音楽作品マーケティングに焦点を当てた革新的なサービステクノロジー企業である。設立から数カ月で「Lynne Publishing」「Sonic Librarian」など10数社のレコード会社やレーベル、およびミュージシャン数百人と契約を結び、ライブラリーミュージック40万曲以上やポップミュージック数千曲を収めた音楽ライブラリーを構築した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録