短信

デジタル人民元、総額25億円のラッキーマネーを試験発行

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

大まかな統計によると、これまでにデジタル人民元は深圳、蘇州、北京、成都の四大都市で、7回紅包(ラッキーマネー)の試験配布が行われ、総額で1億5000万元(約25億円)近くが配布された。抽選には約1000万人が参加し、50万人以上が受け取り、使用したという。

全体として、デジタル人民元の試験運用は、成熟した部分と試行部分が入り混じりつつ、徐々にカバー範囲を拡大し、配布金額も増やしながらテンポ良く前進してきている。応用シナリオの面では、中国人民銀行が開示したデータによると、2020年12月初めの時点で、デジタル人民元は光熱費の支払い、ケータリングサービス、交通費、ショッピング、行政サービスなどの分野をカバーする約5万もの使用シーンに拡大して試験運用されたという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録