短信

中国教育部、未成年者向けゲームサービスの夜間配信中止を指示

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国教育部は、生徒・児童の睡眠障害に影響を与える外的要因に対応すべく「小中高生の睡眠管理のさらなる強化に関する通知」を発行し、宿題、学習塾、ゲームなどより小中高生の睡眠を優先させるよう要求した。

書面による課題は、小学生は基本的にすべてを学校で、中学生はほぼ学校で完了できるようにする。オフラインの学習塾は遅くても夜8時半までとし、ライブ配信の講義も遅くても夜9時までとする。各地で監督を強化するための技術的対策が講じられており、夜10時から翌朝8時までは未成年者にゲームサービスを提供できなくなっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録