中国モバイルバッテリーのシェアリングサービス、香港証券取引所で2社目が上場

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国モバイルバッテリーのシェアリングサービス、香港証券取引所で2社目が上場

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国でモバイルバッテリーのシェアリングサービスを手がける「小電科技(DIAN)」が、今年香港で上場し、早ければ今月中に香港証券取引所に目論見書を提出する計画だ。 モバイルバッテリーシェア業界では、4月1日にナスダックに上場した「怪獣充電(Energy Monster)」に次ぐ2番目の上場となる。

小電科技は、当初香港ではなく、米国における上場の可能性を探っていたが、今年初めに香港での上場に変更した。 3月には、「浙商証券(Zheshang Securities)」と、深圳証券取引所の新興企業向け市場「創業板(ChiNext)」への上場指導契約を終了することで合意していた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録