短信

JAL、中国系LCCの春秋航空日本を子会社化 コロナ後のニーズ獲得強化へ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

日本航空(JAL)は中国系格安航空会社(LCC)の春秋航空日本(Spring Airlines Japan)を買収し、連結子会社化する方針を決定した。JALは6月中に数十億円を追加出資し、春秋航空日本の株式の過半数を取得する計画だ。

春秋航空日本は中国の春秋航空(Spring Airlines)により2012年に設立された。春秋航空はは同社の大株主であり、JALも出資している。

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、JALはポストコロナの観光需要の復調を見据えており、LCCを活用し観光などのニーズ獲得を強化するとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録