バイドゥと吉利汽車、今後5年間でスマートカーの開発に8300億円を投資

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

バイドゥと吉利汽車、今後5年間でスマートカーの開発に8300億円を投資

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国IT大手バイドゥ(百度)と自動車メーカー吉利汽車(Geely Automobile)の合弁会社「集度汽車」が、スマートカーの技術開発に今後5年間で500億元(約8300億円)を投資する計画だ。

集度汽車によれば、今後2〜3年で新たにソフトウェアエンジニア約500人を含む2500〜3000人を雇用する計画で、同社のブランド戦略については2021年第3四半期に発表する予定という。同社株式のうちバイドゥが55%、Geelyが45%を所有している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録