短信

電動スクーター「小牛(Niu)」21年1~3月期は値下げによる売り上げ増で赤字縮小

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

北京時間5月17日、中国の電動バイク大手で米ナスダックに上場する「小牛電動(Niu Technologies)」が2021年第1四半期の財務報告書を発表した。

報告書によると、売上高は前年同期比135%増の5億4700万元(約92億4000万円)となり、市場予測の5億1300万元(約86億6000万円)を上回った。電動二輪車の販売台数は14万9649台と前年同期に比べ3倍以上増加。そのうち中国国内における販売台数は14万4654台だった。

小牛電動独自の統計によると、同社の21年第1四半期の中国市場における電動スクーターの平均販売価格は前年同期に比べ27%下落。特に主力製品を値下げしたことにより、競争力が増して売り上げの増加につながったという。20年第1四半期には2640万元(約4億4600万円)に上った純損失が、本四半期は540万元(約9120万円)と損失幅は縮小した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録