成長株のインシュアテック・プラットフォーム、シリーズCで約169億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

成長株のインシュアテック・プラットフォーム、シリーズCで約169億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

インシュアテック・プラットフォーム「元保」を運営する「元保保険経紀」が、シリーズCで約10億元(約169億円)を調達した。リード・インベスターは「源碼資本(Source Code Capital)」、コ・インベスターは既存株主の「啓明創投(Qiming Venture Partners)」「SIG(海納亜洲創投基金)」など。

現在、保険仲介業では、アリババ傘下の「アント・グループ(螞蟻集団)」が運営する「螞蟻保険」と、テンセント(騰訊)が運営する「微保(WeSure)」が双璧を成し、スタートアップ先発の「水滴公司(Waterdrop Inc.)」「軽松籌(QFund)」や、後発の「蝸牛保険」「小幫規劃(Xiaobangguihua)」「多保魚(Duobaoyu)」「深藍保(shenlanbao.com)」などの企業が続いている。このような状況の下、元保が運営を開始したのは2020年だが、投資能力やコスト管理の優勢により、成長速度は現時点で業界トップとなっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録