フレーバー歯磨き粉が人気、口腔ケアメーカーが数十億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

フレーバー歯磨き粉が人気、口腔ケアメーカーが数十億円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

フレグランスから発想を得、多様なフレーバーのオーラルケア製品を提供するブランド「氷泉(blispring)」を運営する「氷泉化粧品科技」が、シリーズAおよびA+で数千万ドル(数十億円)を調達した。シリーズAの出資者は「BAIキャピタル」、シリーズA+のリード・インベスターは「百度風投(Baidu Ventures)」。資金は主にマーケティングシステムの構築、デジタルマーケティング、サプライチェーンの開拓などに充てられるという。

2019年に設立された氷泉は、オーラルケアブランドとして約80SKUの製品を展開している。歯磨き粉からスタートした同社のヒット商品であるフレーバー歯磨き粉「口香糖牙膏(Chewing gum tooth paste)は、アリババ系ECサイト「天猫(Tmall)」で発売されてから半年足らずで、歯磨き粉部門における単品の売り上げで第1位を獲得した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録